【広告業界用語】 アフィリエイト広告とは?

アフィリエイト広告
アフィリエイト広告とは、インターネット広告のうちの一つで、広告が表示されたり、クリックされただけでなく、実際に申込みや購入があったときに費用が発生する成功報酬型のネット広告です。

通常のインターネット広告では初期に固定料金を支払ったり、クリックされる度に料金が発生する仕組みでしたが、アフィリエイト広告では実際の申込みや購入があった際に費用が発生するため、「効率的」な広告であるとされています。

ただし「効率的」なアフィリエイト広告にもデメリットは存在します。具体的には、業界や商材によっては不向きであったり、必ずしも広告が掲載されるとは限らない、さらにはクライアントが意図しないような記載や表現がなされる可能性もあります。

実際にアフィリエイト広告を出稿する際は、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)と呼ばれる仲介会社に対して月額利用料を払いつつ、ブログやサイトを運営している人やアプリ制作者に対して広告掲載をお願いする形になります。

またアフィリエイト広告も、リスティング広告やディスプレイ広告と同じく、インターネット広告の中では「運用型広告」と呼ばれるジャンルの一つであるため、ただ単に掲載するだけではなく、広告を運用、管理しながら効果を高めていくことが可能です。

                     

ABOUTこの記事をかいた人

ADvice編集部

ADviceは電通・博報堂など一流広告代理店への就職を目指す学生を応援する、広告代理店に特化した就活情報メディアです。 選考情報、広告代理店の業界情報、広告代理店内定獲得のノウハウを配信します。