就活面接でストライプスーツはOK!? 注意点と選ぶポイント

就活において重要な事のひとつに服装があります。
日本における就活では、特に指定がない限り、スーツを着用することが一般的です。そのため就活とともにスーツを買いに行くという学生さんも多いのではないでしょうか。

しかし学生さんにとってはほぼ初めてのスーツ選びということもあり、いざスーツ店に行っても、どのスーツを選べばよいのか分からない方も多いです。最近では、就活=黒スーツという固定概念も徐々に薄くなってきたことから、黒以外の色や柄物のスーツを就活用として売っているお店もあります。

そんな中、最近学生から少しずつ人気を集めているのがストライプスーツです。見た目にもスタイリッシュに見えることから就活用として購入する学生さんも増えています。

しかしストライプスーツは本当に就活で着ても良いのでしょうか?今回はストライプスーツのメリット・デメリットとともに、就活で着用すべきスーツについて詳しく解説します。

1.ストライプスーツは避けたほうが無難


結論から言うと、就活では、よほどストライプスーツを着る理由がない限り、無地のスーツを選ぶ方が無難です。就活では大多数が黒の無地スーツを着ていて、スーツの見た目による加点要素はほとんどありません。それでは、具体的に無地スーツをおすすめする理由を解説していきます。

(1)個性はスーツではなく、面接で見る

会社説明会や企業の面接に行くと、黒の無地スーツを着ている就活生が大勢います。そんなイメージもあってか、近年では黒スーツに対して「大勢に埋もれてしまって目立たない」、「個性がない」という声もあります。

しかし基本的に、就活においてスーツで目立つ必要はありません。なぜなら企業の採用担当者から見ると、個性はスーツではなく、その人の履歴書や面接で評価するものだと考えているからです。

黒・無地スーツを着用していることによってマイナスになることはありませんので、少しでも不安な場合はスタンダードな黒のスーツで訪問することをおすすめします。

(2)スーツは加点要素ではない

皆さんが、就活、そして面接の時に必ず気をつけるのが「身だしなみ」でしょう。確かに身だしなみはその人自身を表し、人事担当者への印象を左右する重要なポイントです。

しかし就活において、身だしなみ=スーツではありません。重要なのはスーツそのものの柄や形ではなく、「スーツを正しく着こなしているか」ということなのです。

そのため就活においてスーツそのものが加点要素になることはないと考えてよいでしょう。オシャレなスーツを着ることが大切なのではなく、スーツをきちんと着こなせているかが重要です。

例えば、いくらストライプ柄のオシャレなスーツを着ていたとしても、シワシワのままであったり、ボタンが留まっていなかったり、ネクタイが上まで締まっていなかったりすると、相手にマイナスの印象を与えてしまいます。

つまり、着こなし方が悪ければそれは減点要素にもなってしまいます。

(3)特に金融機関・メーカー等の面接では避ける

ストライプ柄のスーツ着用を特に避けるべき業界として、金融業界や製造業(メーカー)、公的機関での面接が挙げられます。

銀行や証券会社などの金融業界、メーカー、公務員等では誠実で、まじめな印象を周りに与えられるかということも重要です。そのため、実際にそれらの業界に在籍している社員でも、派手なストライプスーツ等を着用している人は他業界に比べるとあまり居ません。

なぜなら、金融業界や製造業では、正確で確実、チームワークを重視し、誠実な仕事ぶりが特に求められる業界で、他人より抜きに出た個性やセンスはそこまで求められていません。

つまり、これらの業界の面接にストライプ柄のスーツを着て行ってしまうと、「不誠実そう」、「チャラそう」、「他の社員と一緒に合わない」といった印象に見られてしまうこともあります。

誠実でまじめな印象を大切にするためにも、金融業界・メーカー、公的機関での面接ではストライプスーツは極力避けたほうが良いでしょう。

2.ストライプスーツのメリット・デメリット


ストライプ柄のスーツは、その見た目から若干強気なイメージを持たれてしまう可能性がありますが、広告業界やアパレル業界などの場合は、スーツが映えることで好印象を与えられる、というメリットもあります。

ここでは、ストライプスーツのメリット・デメリットについて細かく説明します。

(1)ストライプスーツのメリット

できれば着用を避けたいとはいえ、ストライプスーツはオシャレでもあります。無地スーツにはない、ストライプスーツならではのメリットも存在します。

ストライプの最大のメリットは、スタイリッシュな印象を与えられる点です。ストライプ柄が身体全体をシャープに見せてくれることから、細身でスマートな印象を与えることができます。

スーツによっては足長効果も期待でき、さわやかなイメージを与えることにも繋がります。

また個性をアピールできるというメリットもあります。就活の場では一般的に無地のスーツが多いため、少しでも柄が入っているとそれだけでも他と違った印象を与えます。

その為、他の人とは違った発想や考え方・センスを大事する広告業界やアパレル業界、さらにはベンチャー企業などの場合は、「この人は何かやってくれそうだ」という印象を与える可能性もあります。

(2)ストライプスーツのデメリット

オシャレでスタイリッシュというメリットのあるストライプスーツですが、就活で着用するにあたってのデメリットもあることを知っておきましょう。

現在、日本での就職活動では無地のスーツが一般的とされているため、ストライプなど柄のスーツを着用しているだけで若干不真面目な印象を与えてしまう可能性がある点が最大のデメリットです。

特に、年配の方や、先述した金融業界やメーカー等の真面目さを特徴とする業界では、印象が悪くなる可能性も多いにあります。

また、「不真面目」とまでは思われなくても、ストライプ柄によってカジュアルな印象を与えてしまい、新卒ならではのフレッシュな印象を消してしまうことにも繋がります。

さらに、スーツの柄が直接面接などに影響する企業ではなくても、自分自身の印象を変えてしまうことがあるため、就活の面接という大一番の場面ではストライプスーツは若干不向きとも言えます。

そのため、特に業界を絞らず様々な企業の選考を受ける方には、オールラウンドで無難な黒無地スーツの着用をオススメします。

3.企業や業界によっては問題ないケースも


会社や業界によっては、ストライプスーツが一般化されていて、問題ないケースも多くあります。今回は、その中で、広告代理店、アパレル業界、ITベンチャー業界について紹介します。

(1)広告業界

広告代理店を筆頭とする広告業界では、世の中のトレンドに敏感であることも求められるため、スーツの柄や色に対しても比較的寛容であるケースも多いです。

誤解を恐れずに言うと、広告を扱う人にとって、「定番」、「一般的」、「無難」というものほど面白くないものはありません。もちろん黒無地スーツを着ていてマイナスになることはありませんが、多少野暮ったい印象を持たれます。

(もちろん大手の総合広告代理店や老舗の広告会社では多少の注意が必要ですが)広告代理店での就活ではストライプスーツに対しても寛容な風潮が高まってきています。

ただし、色が派手だったり、太めのストライプ柄だったりと、あまりにも就活のイメージとかけ離れたストライプスーツは避けるようにしましょう。

(2)アパレル業界

アパレル業界においてもストライプスーツは問題ない場合が多いです。
ファッションに対する興味、そしてキラリと光るセンスが求められるアパレルなどの業種においては、黒無地スーツはかえって個性がないと思われてしまうこともあります。

例えば、スーツや服を買いに行ったお店のスタッフの服装が地味で、あまりセンスの良いものでないとしたら、正直いって「このお店の服だいじょうぶかな?」と思いませんでしょうか?

アパレル業界の現場で働く人は、ファッションセンスの高い人も多いため、スーツひとつをとってもオシャレさを求められることがあります。

スーツでのオシャレにあまり慣れていないといった学生でも、ストライプスーツであれば派手になりすぎず、こなれた印象を出せるので、アパレル業界での就活にはオススメです。

(3)ベンチャー・IT業界

ベンチャーやIT業界においても自由な服装での面接や訪問をOKとする企業が増えてきました。

特にベンチャー企業では社長や社員自身がオシャレなスーツであったり、自由な服装で働いていたりすることが多いため、新卒者にもきちんととした服装を求めなくなってきています。実際、面接の要項にも「服装自由」と記載されているところも多いです。

営業などお客さんを相手にする職種の場合は服装をチェックされることもありますが、基本的には派手でなければストライプスーツでも良いという企業も増えています。

ただし、会社によっては未だに黒無地スーツを基本としている企業もありますので、面接前によくチェックしておくと良いでしょう。

(4)外資系企業

外資系メインで就活を考えているならば、ストライプスーツも有効かもしれません。
日本に進出している外資系の企業の多くは結果主義(成果主義)の風潮が強く、「慣習や規則よりは結果を出す人間を優遇したい」という信念が根底に流れています。

そのため、そこまで派手なストライプスーツでなければ、スーツの色や柄などは不問の企業も多いようです。

4.ストライプスーツを着る時のポイント


広告業界やアパレル業界ではないけれど、どうしてもストライプスーツを着たい場合もあるかも知れません。ここでは、ストライプスーツを選ぶ際の、ストライプの色や幅について最低限抑えるべきマナーについてご紹介します。

(1)スーツの色は黒か紺色を選ぶ

どうしてもストライプスーツを着たいという場合、あまり目立ち過ぎない黒色や紺色のスーツを選ぶようにしましょう。スーツの色を暗い色にするだけでも、落ち着いて見せることができ、まじめな印象をもたせることができます。

一見地味だと思われる黒や紺色のスーツであっても、ストライプが入っているだけで大人っぽさやこなれた雰囲気を醸し出します。

また、黒・紺色といったような引き締まって見える色のスーツを着用することで、全身をスッキリと細身に見せることができます。

逆に避けたほうが良い色は、チャコールグレー、ダークグレー等のストライプスーツです。これらの色自体が目立ちやすいうえに、ストライプまで入ってしまうと、非常に浮いた雰囲気になってしまう可能性が高いです。これらの色は一般的なビジネスマンでさえ、着こなすのが難しい色で、スーツに着なれていない就活性がこれらの色を選んでしまうのはかなり危険でしょう。

<関連記事>
就活スーツの色は黒が無難?正しいスーツ色の選び方を紹介

(2)ストライプの幅は細く

ストライプスーツにはいろいろな種類や柄があります。糸ほどの細いストライプ柄のものから、目立ちやすい太いラインのストライプまで様々です。

就活でストライプスーツを着用する場合は、なるべくストライプ幅の細い柄を選ぶようにしましょう。

太幅のストライプスーツは、どうしても攻撃的で派手な雰囲気になってしまうため、就活で着用すると不真面目な印象を与えてしまいます。

もちろん何センチがOKという基準がある訳ではありませんが、就活で着用する場合は、遠目で見てストライプだとわからないほどの細さのものを選ぶのがベストです。

太い幅のストライプはとてもオシャレな印象を与えるスーツですが、新卒者としては生意気なイメージを与えます。スーツでのオシャレは正式に企業に入社し、仕事にも慣れた頃から実践していくと良いでしょう。

(3)ストライプ柄色は薄いものを選ぶ

スーツの色やストライプの幅と合わせて、ストライプ柄色は薄いものを選ぶようにしましょう。

ストライプスーツというと黒いスーツにはっきりとした白色のラインが入っているものをイメージするかもしれませんが、最近では、黒地のスーツにグレーや紺のストライプといったストライプスーツも販売されています。

このようになるべくスーツの地色と近い色のストライプだと、派手な印象にならず、ちょっとしたオシャレ感に留めておくことができます。

5.まとめ

ストライプスーツはオシャレでスタイリッシュに見えるため、黒無地のスーツよりも魅力的に映ります。

そのため社会人になる前から早く着用したいという気持ちが芽生える方もいるかも知れません。しかし就活においてストライプスーツは、「生意気・不真面目そう」と言う印象を与えかねません。

業界や職種によってはストライプスーツを良しとする企業も増えてきてはいますが、まだまだ日本では浸透していないのも事実です。

背伸びをしたいからとストライプスーツを着用したあまり、現場の空気になじめず、就活に集中できないという危険性すらあります。

就活に対して少しでも不安を感じる方は、スーツによって集中力が乱されることのないよう黒無地スーツを選ぶことを強くオススメします。

スーツでのオシャレは社会人になってからいくらでも実施できます。就活では、「個性は面接でアピールする」ということを念頭におき、選考に合わせた服装・行動を心がけたいものです。

スーツだけで選考の合否が決まることは原則ありませんが、スーツによってあなたの印象が変わってしまうことは大いにあり得ます。

自分の力を最大限に出し切って就活を終えられるよう、着用するスーツについてもしっかり考えておきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
ADviceの人気記事をお届けします。

                     

ABOUTこの記事をかいた人

ADvice編集部

ADviceは電通・博報堂など一流広告代理店への就職を目指す学生を応援する、広告代理店に特化した就活情報メディアです。 選考情報、広告代理店の業界情報、広告代理店内定獲得のノウハウを配信します。