【広告業界用語】 AP(アカウント・プランナー)とは?

AP(Account Planner:アカウント・プランナー)
APとは、広告代理店によって定義は異なりますが、主に消費者(生活者)サイドに軸足を置き、いわゆるコンシューマー・インサイトの立案などに優れ、広告業務の実施においては適格なクリエイティブ・ブリーフ(制作における基本的な方針や戦略)を作成し、制作全体コントロールする役割とされています。

クリエイティブ・ディレクター(CD)な部分は別だとしても、本来ならばAEが果たすべき役割のようにも考えられますが、AEはクライアントと自社広告代理店の利益両方を代表するという立場がある上に、日常的なクラアイントとのやり取りや情報収集、見積書・請求書作成など多くの作業に忙殺される傾向にありますので、現実的には企画や制作進行のコントロールは難しいのが実情です。

そこで営業窓口と、企画・制作の窓口を分離させることによって、クラアイントに対してより良い企画・制作を提供することを目的として生まれたのがアカウント・プランナーです。また従来型のクリエイティブ・ディレクターでは、マーケティング全般に関する能力が不足していると考えられているようです。

ではどのような人がアカウント・プランナーになるべきか、という議論は難しいですが、比較的マーケッター、CD、コピーライターなどの出身者が多いようです。

ただし冒頭にも述べたように、広告代理店によってAPの定義は大きく変わりますので、ここで説明した役職の役割をストラテジック・プランナーと呼ぶ会社もあります。

                     

ABOUTこの記事をかいた人

ADvice編集部

ADviceは電通・博報堂など一流広告代理店への就職を目指す学生を応援する、広告代理店に特化した就活情報メディアです。 選考情報、広告代理店の業界情報、広告代理店内定獲得のノウハウを配信します。