【就活女子必見】面接で好印象を与える髪型-長さ別徹底解説

就活を行っていくなかで見た目の部分も気になるひとも多いかと思います。特に女性の場合、スーツやパンプス、バッグなどアイテムの選び方で見た目や、相手に与える印象が違ってきます。

「スーツの時の髪型をどうしよう」
「就活NGの髪型ってあるの?」
と悩む学生の声をよく耳にします。

まず、就活で絶対に抑えておきたいのは清潔感のあるヘアスタイル、黒髪である事です。髪の長さが原因で落とされる事はまずありませんが、大切になるのはこの二つのポイントです。

そこで今回は、髪型別で「ロング」、「セミロング」、「ボブ」、「ショート」を取り上げ、それぞれのオススメのヘアスタイルを詳しく解説していきます。

1.ロングの場合


ロングヘアは髪の長さが鎖骨から胸のあたりまである髪型を指します。まずは、ロングで就活時に好印象を与える髪型をご紹介します。

(1)必ずアップヘアにする

ロングヘアは女性らしい、大人っぽい印象を与えることができます。しかし、就活時に髪をまとめずに、ダウンスタイル(おろした状態)にすることはNGです。もちろん、社会人のビジネスウーマンはロングヘアをまとめずに、ダウンスタイルで過ごしている方はいますが、就活生は「就活生らしいスタイル」をすることが大切です。

特に就活生が着用するリクルートスーツでロングヘアを下ろしていると、清潔感に欠ける印象を与えてしまいます。また、場合によればモサっとした印象を与えるリスクがあります。

スマートで清潔感のある印象を残すためにもロングヘアの就活生は、必ずアップヘアにしましょう。

(2)ポニーテールにする

先ほど、「ロングヘアは必ずアップヘアにしましょう」とご説明しましたが、ロングのアップヘアの一番のおススメはポニーテールです。

ロングヘアをポニーテールにする場合、ついつい頭の上部で結びがちですが、上部で結ぶとどうしても幼い印象を与えてしまいます。就活時のポニーテールでは、意識的に耳の高さ程で後頭部の真ん中付近の位置で結ぶのがポイントです。

最近は、ローポニーテール(耳下程の頭の低い位置でゆるめに結ぶポニーテール)も流行していますが、これは就職活動の髪型には向いていません。普段、プライベートでローポニーテールをしている方も、就活時には頭の真ん中で結ぶことを意識しましょう。

また、普通のポニーテールだと、髪が広がり気になる方は髪をゆるく巻いて結ぶ、あるいはパーマをかけている方はパーマを落とさずにポニーテールをしても良いでしょう。

さらに、髪が広がりやすい人は、最近多い「くるりんぱ」など、簡単なアレンジを加えてポニーテールをしても良いです。ただし派手になり過ぎないように注意しましょう。

(3)ハーフアップにする

金融業界やメーカー、公務員など堅実な印象が求められる業界ではなく、広告業界アパレル外資系等どちらかというと垢抜けた印象でも許される業界の場合、ハーフアップもおススメです。

ハーフアップの場合は髪をゆるく巻いて、清楚で清潔感がある印象を与えると良いでしょう。

2.セミロングの場合


ここではセミロングを、「髪が鎖骨周辺の長さで胸まで長さがいかないもの」と定義します。

以下に、就職活動時のセミロングヘアで好印象を与える髪型をご紹介します。

(1)ハーフアップにする

先ほどご説明したロングと同じく、セミロングもハーフアップをすることをおすすめします。

特に、セミロングヘアは柔らかい、女性らしい印象を与えますので、ふんわりとしたハーフアップにすることで、さらに女性らしい清楚な印象を採用担当者に与えることができます。

ただセミロングは、ロングよりも髪の長さが短く、髪の重さ(ボリューム)も少ないため髪が広がってしまうことがありますので、光沢がなく、香りがキツくないワックスを使って髪の広がりを防ぐセットをすることをおススメします。

(2)オールバックでポニーテールにする

セミロングでポニーテールをすると、ポニーテールの先が広がってしまうことがあります。また、もともと童顔タイプの方がポニーテールをすると、幼い印象を与えてしまう可能性があります。

そこでおススメなのは、セミロングだからこそできるオールバックのポニーテールです。スマートな印象を与えられる&髪が広がりにくいので、髪の広がりが気になる方にはおすすめの髪型です。

就活セミナーや、就活関係のサイトなどで「就活でオールバックはキツい印象を与えるためNG」と言われるかもしれませんが、しっかりした・落ち着いた印象を与えたい際には、「オールバックポニー」はおススメのヘアスタイルです。

ただし、オールバックのポニーテールは逆三角形さん・面長さんタイプの方が似合う髪型です。ただし、丸顔の方がオールバックをすると幼い印象を与えてしまうので、丸顔の方はハーフアップをおススメします。

3.ボブの場合


大学生を中心に、若い女性から人気が高いボブスタイル。ボブはアゴから肩にかけて、輪郭に沿ったラインを描く髪の長さのヘアスタイルと定義します。ここではボブヘアで就活に臨む際に好印象を与える髪型をご紹介します。

(1)ワンレンボブヘアにする

そもそもボブヘアは「可愛らしい」印象を相手に与えます。そのイメージを活かして、就活時には女性らしい、柔らかい印象を与えることもできます。

ただし、企業としては社会人として愛されるキャラクターは求められますが、それ以上に「しっかりとした・スマートな印象」も求めています。

ボブヘアで女性らしい柔らかさは持ちつつも、しっかりした、スマートな印象を与えるポイントは「前髪」です。輪郭に沿って流れている髪と同じ長さの前髪を作り、ワンレンボブヘアにすることをおすすめします。

ワンレンボブの芸能人で代表的な存在と言えば、水原希子さんが挙げられます。ワンレンボブにすることで、片耳に髪をかけても清潔感を与えられるようになります。

(2)前髪有のボブは注意!

先述した通り、ボブは可愛らしい印象を与えますが、言い方を変えれば「幼い印象」も持たれてしまいます。したがって前髪のあるボブは避けることをおすすめします。

例えば、芸能人で言うと、きゃりーぱみゅぱみゅさんを想像してください。同じボブヘアでも、水原希子さんよりも「女の子っぽい、可愛らしい、良い意味で幼い」印象を与えていませんか?

これは、顔立ちやメイクによっても異なりますが、就活時はプライベートのスタイルの好みは一旦置いておいて、幼さがあまり出ないヘアスタイルにすることをおススメします。

また、前髪がある方はぱっつん前髪ではなく少し斜めに流したり、前髪を薄くすると印象が変わります。黒髪ボブでリクルートスーツのため、重い印象を与えすぎないような工夫をしましょう。

4.ショートの場合


猛暑が続く夏の就職活動で人気の高いショートスタイルは、相手に清潔感や爽やかな印象を与えられ、好まれやすい髪型ですが、いくつか注意スべきポイントもあるので、押さえておきましょう。

(1)前髪を7:3で分ける

ショートの場合、ヘアアレンジができず、どうすれば好印象になるか分からず、悩む方も多いのではないでしょうか。
ショートヘアはボブヘアと同様に、前髪を作らず7:3で分けられるよう、ある程度の長さがある前髪を作ると良いでしょう。

前髪をしっかり分けることで、落ち着いた、そして清楚な雰囲気を演出できます。

ちなみに前髪が目にかかって気になる場合は、光沢がでないワックスでまとめて、上から(固まりすぎない)ヘアスプレーをかけると、前髪を固定することができます。

(2)前髪の分け目と逆の髪を耳にかける

前髪を7:3に分けた後は、さらに分けた前髪の流れと逆側の髪の毛を耳にかけると、クールな印象を与えることができます。小顔な方、童顔の方はこれをするだけで一気に締まった印象を与えます。

芸能人でいうと、現在のベッキーさんの髪型をイメージしてください。ベッキーさんと言えば、これまでロングヘアで可愛らしい印象がありましたが、謹慎から復帰後はショートカットになり、かなりイメージが変わりました。ショートヘアで髪を片耳にかけると、清楚でクールな印象を与えることができるのでおすすめです。

5.前髪はどうすればいい?


ここまで就活女性の髪型について、「ロング」、「セミロング」、「ボブ」、「ショート」それぞれを説明しましたが、最後はすべてのヘアスタイルに共通する前髪について解説します。

前髪は、顔を正面から見て最初に目に入る重要な部分です。以下にポイントを3つご紹介します。

(1)ぱっつん前髪と眉上はNG

先ほどボブとショートヘアの段落で述べた通り就活時にはぱっつん前髪を作らないほうが良いでしょう。<もちろん企業や採用担当者によっても印象や基準は異なりますが、基本的にビジネスの世界ではぱっつん前髪は基本的に好まれません。特に、営業職の場合は、ぱっつん前髪はNGと指示される企業もあります。

また、同様に前髪が眉上の短さだとビジネスの場においては個性的すぎて不相応です。

冒頭でもお伝えした通り、就活生であることを踏まえて、TPO(時や場所、場面)をわきまえたスタイルを心がけましょう。

(2)7:3に分けられる前髪の長さに

就活セミナーや就活サイトなどでは、「眉を見せた前髪をするように」と指示されることが多いかと思いますが、たしかに前髪を分けて眉が見えていると、落ち着いていてしっかりとした印象を与えることができます。

また、先述した通り「TPO(時・場所・場面)をわきまえているな」と採用担当者が感じやすいメリットもあります。

(3)前髪は崩れにくいようにセット

先ほど就活時は前髪を分けて眉を出すようにとお伝えしましたが、前髪を分けると、どうしても崩れやすくなってしまうものです。そこで、前髪の長さが耳より下まである場合は耳にかける、あるいはポニーテールやハーフアップの結び目に入れてしまいましょう。

前髪の長さが耳より上で耳にかけられない場合は、ワックスとヘアスプレーを使用して、ほどよく固めることをおすすめします。

6.まとめ

今回は、長さ別でオススメのヘアスタイルをご紹介しました。

基本的に就活の髪型では「清潔感」と「しっかりした印象」が大切です。また、第一印象を決めるにあたり前髪が重大な要素にもなってくる事を覚えておきましょう。

髪型は就活生にとっては悩みの種かもしれませんが、就活において髪型は加点要素ではなく、TPOをわきまえていなかったり清潔感を感じられなければ減点要素となります。常識の範囲内であれば、選考に響くことはほとんどありません。

就活に相応のヘアスタイルのポイントをわきまえつつ、あなたに似合う髪型で望んでくでください!

                     

ABOUTこの記事をかいた人

小谷ありさ

大学卒業後、教育系中堅広告代理店で高校教員、大学職員、企業人事と協力して、若者の進学・就職支援事業に従事。 現在は、新人教育・新人研修・採用・コンサルを行う。また、若者の就職、仕事に関する記事の作成を中心に執筆活動も行う。