広告代理店でのセールスプロモーション(SP) – 仕事内容や役職など

広告代理店は「華やかな仕事で年収も高いけど、仕事が激務できつい」というイメージがありますが、実際に広告代理店で働く人たちはどんな仕事をしているのでしょうか?ここでは就職活動で人気の高い広告代理店のセールスプロモーション(SP)の仕事内容について、実際の広告代理店出身者が詳しく解説していきます。

私は広告代理店業界の中でもトップ2ではありませんでしたが、国内トップ5に入る広告代理店に3年前まで営業として勤務し、電通や博報堂などの会社との企画コンペを繰り返していました。働いていた当時を思い出しながら正直に書きますので、就職活動されている皆さんが広告代理店の仕事内容について少しでも理解を深めていただけたら嬉しいです。

1.広告代理店における「セールスプロモーション部門」とは?

近年では、大手広告代理店を中心にセールスプロモーション(SP)をシンプルに「プロモーション局」とする代理店が増えています。

具体的には、マーケティング・ミクスにもとづく戦略性の高い上流部分のみを「プロモーション局」とし、プロモーションのプログラムの一つの手法であるイベントなどを「イベント部」などとする動きが増えてきました。

さらに広告代理店のプロモーション局担当にもっとも求められているのは、クライアントの抱える課題を発見し、課題解決の戦略を明らかにしたうえで多岐にわたるプロモーションのプログラムの中から、課題解決戦略に最も適したプログラムを単独または組み合わせて構築し、実行することです。その際の実施主体、つまり実際にプログラムを実行する部隊については協力会社などいわゆる外注が増えています。

通常版

2.広告代理店におけるプロモーション局の仕事内容


ではここで現状における一般的なプロモーション局の基本構成について説明します。

(1)プロモーション戦略部

昨今のプロモーション概念の拡大に伴い、以下のような役割を狙ったセクションが大手広告代理店を中心に設置されるようになっています。

(a)いわゆる広告事業の拡大に伴って増えてきたプロモーション局とマーケティング業務、マーケット開発、新商品開発、情報活用手法の開発など

(b)広告ビジネスにおけるテーマとなってきたOutside in(消費者・生活者、流通視点によるマーケティング発送)を活用したプロモーション戦略の立案および実践。
具体的にはチャネル・マーケティング開発、マーチャンダイジング開発、販売システム構築、ダイレクト・コミュニケーション手法の開発、メディア開発、ネットプロモーションなど

(c)ナショナルクライアント(大型クライアント)の案件獲得のためのコンペ参加
クライアントの案件維持のための業務

(2)プロモーション企画部

ナショナルクライアント(大型クライアント)の案件獲得のためのコンペ参加やクライアントの案件維持のための業務。

(3)文化・スポーツイベント企画部

文化・スポーツ系イベントの企画・実施

(4)展示会・コンベンション企画部

各種展示会やコンベンション・会議イベントの企画・実施

(5)プロモーション・クリエイティブ部

POPやチラシなどのプロモーション独自の観点(マテリアル・立体デザインなど)を必要とするクリエイティブ業務

これらのように、現状では大手広告代理店としても、まだまだ理想には程遠い状況で、戦略レベルではなく、かなり戦術レベルでの専門性が色濃く表れた組織構成となっています。また戦略開発部で紹介したダイレクト・コミュニケーションやネット系プロモーションは独立した部門となっています。

現状スタッフをいかに早く、戦略フォース化できるかどうかが、今後の広告代理店発展のカギを握るともいわれているプロモーション局に課された課題であると言えます。

大手版

3.プロモーション部門の役職・職名


最近ではSPという言葉自体を使わない代理店もあり、以前にはよく用いられた職種名も使用しなくなった場合もありますが、ここでは念のため紹介します。

(1)SPディレクター

(セールス)プロモーションをトータルに、企画・実行する能力をもつ担当スタッフの職種名。明確な資格基準は各広告代理店の運用にもよります。またここに至るまでにSPプランナーを経験したうえで就く場合が多いです。

(2)イベント・プロデューサー(ディレクター)

イベントを、企画構想段階から実行フェーズまで、トータルに企画・運営するスキルと経験を持つ職種ですが、明確な資格基準は各広告代理店によります。また本来は資金出入の双方に責任を持って初めてプロデューサーと言えますが、そうではない場合にも慣用的に名称を使用します。同じこの職種の前に、イベント・プランナーの経験を必要とします。

(3)スペース(POP)デザイナー

展示会の装飾やPOPデザインを専門におこなうスタッフの職種名です。

テキスト版

4.まとめ

広告代理店のプロモーション(SP)担当の仕事内容についてかんたんに説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

一口に「代理店営業のプロモーション(SP)担当」と言っても、広告代理店によってその職名が持つ役割はさまざまで、一概に言えないことがお分かりいただけたと思います。ただし、各広告代理店にとって「プロモーション」という言葉は近年とても重要なワードでもあり、会社や経営層が期待する理想も非常に高いものがあります。

なぜならばプロモーション、つまり「販売促進活動」は、クライアントにとって売上を左右する大切な要素であるため、広告代理店や広告業界にとっても「プロモーション」という言葉は広告戦略上において重要な部分となるからです。

しかしながらこれまで「セールスプロモーション(SP)」と呼ばれてきた分野であり、「広告から販売に結び付けるための手段」といった戦術的な意味合いで捉えられてきたこともあり、プロモーションをマーケティング戦略に結び付けられていないという課題をなかなか克服できずにいます。

                     

ABOUTこの記事をかいた人

広告マン

私は有名な大手2社ではありませんが、国内上位5社に入る広告代理店で営業(アカウントエグゼクティブ)として3年前まで働いていました。その経験から、あまり世の中では語られていない広告代理店の具体的な仕事内容や実際の過酷さについて正直な記事を書いていきます。