【広告業界用語】 ペイドメディアとは?

ペイドメディア
ペイドメディアとは、トリプルメディアの中で一つで、文字通り「買うメディア=広告」のことです。トリプルメディアの残りの2つは「オウンドメディア(Owned Media)」、「アーンドメディア(Earned Media)」です。

ペイドメディアは購入可能なメディアですので、例えばマス広告やOOH、ペイドパブ、ネット広告が挙げられます。

ペイドメディアの役割は、短期的にリーチを獲得でき、オウンドメディア(Owned Media)に誘導したり、アーンドメディア(Earned Media)を創出することができる点です。

メリットは以下の4点があります。
・必要な分だけ調達が可能であること
・即効性があること
・規模を追求できること
・コントロール可能であること

逆にデメリットは以下の2点です。
・最近では広告の反応率が低下していること
・信頼度が低下しつつある

この記事が気に入ったらいいね!しよう
ADviceの人気記事をお届けします。

                     

ABOUTこの記事をかいた人

ADvice編集部

ADviceは電通・博報堂など一流広告代理店への就職を目指す学生を応援する、広告代理店に特化した就活情報メディアです。 選考情報、広告代理店の業界情報、広告代理店内定獲得のノウハウを配信します。